2021年1月31日

アメックス・スカイトラベラーカードのポイント還元率やラウンジ特典、付帯保険などを紹介

アメックススカイトラベラーってどんな特徴があるの?
アメックススカイトラベラーの最大の特徴は航空券や旅行商品のポイント還元率が高い点ですね。他にも以下の特徴があります。

アメックススカイトラベラーの特徴

  • 年会費が他のアメックスカードに比べて安い
  • 航空券や旅行商品のポイント還元率が高い
  • 幅広い航空会社に対応している
  • 提携店ではポイント還元率が最大10倍
  • ボーナスポイントが充実している
  • ポイントの有効期限がない
  • 原則、マイルの交換手数料が無料
これらの特徴を踏まえると、以下のような方にアメックススカイトラベラーは特におすすめです。

アメックススカイトラベラーがおすすめの人

  • 年会費を抑えてアメックスカードを持ちたい方
  • 複数の航空会社を利用する機会がある方

最大13,000円分のポイントがもらえる

また、人によってはアメックススカイトラベラーをおすすめしない方もいます。この記事ではその点も踏まえて以下の内容を解説しています。

また、用途によってはスカイトラベラー以外のアメックスカードの方がお得に利用できる場合もあります。アメックスカードの種類については以下の記事も参考にしてください。

アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーとは?

アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラー(アメックススカイトラベラー)とは、アメックスが発行するプロパーカードの中でポイントの貯めやすさに焦点を当てたカードです。

アメックスグリーンなどと比べてポイントプログラムが充実しているため、効率良く貯められるでしょう。

しかしアメックススカイトラベラーを作るべきかどうか、いまいち判断が付かないという方もいるはずです。利点・欠点が把握できていないと、他のカードより優先する価値もわからないでしょう。

そこで今回の記事ではアメックススカイトラベラーのメリット・デメリットについて紹介します。お得な特典についても解説していますので、カード選びの参考にしてみてください。

アメックススカイトラベラーのメリット

アメックススカイトラベラーには複数のメリットが存在します。メリットの内容と価値を知ることで、あなたに適したカードであるかを判断しやすくなるでしょう。

アメックススカイトラベラーのメリット

  • アメックスカードの中では年会費が安い
  • 航空券や旅行商品のポイント還元率が高い
  • 提携店ではポイント還元率が最大10倍
  • ボーナスポイントが充実している
  • ポイントの有効期限がない
  • 原則、マイルの交換手数料が無料

アメックススカイトラベラーのメリットを詳しく見ていきましょう。

アメックスカードの中では年会費が安い

アメックススカイトラベラーは、アメックスカードの中では年会費が安いカードです。

種類価格
ANA アメリカン・エキスプレスカード7,700円(税込)
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード11,000円(税込)
アメリカン・エキスプレス・カード(グリーンカード)13,200 円(税込)
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード31,900円(税込)
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード143,000円(税込)

そのため、維持コストを節約しながらアメックスブランドを持ちたい場合に、選択肢へ入れておきたいカードと言えるでしょう。

年会費は安いですが、他のカードと同様に空港ラウンジの無料利用やスーツケースの無料宅配などのサービスを利用できます。

航空券や旅行商品のポイント還元率が高い

スカイトラベラーという名前からもうかがえるとおり、航空券や旅行商品のポイント還元率が高い点もメリットの1つです。指定された会社の航空券やツアー料金をアメックススカイトラベラーの円建てで支払うことで、通常の3倍ポイントが貯まります。

年間60,000ポイントまでの上限はありますが、購入金額に換算すると200万円となるため大半の方は制限を受けることなく貯まるでしょう。

航空券やツアー料金に関する優待特典は他のカードにもありますが、アメックススカイトラベラーは幅広い航空会社に対応している点が魅力的です。具体的には以下のような航空会社の航空券に対応しています。

航空券の購入で3倍のポイントが貯まる対象航空会社27社

  • ANA(全日空)
  • 日本航空(JAL)
  • アシアナ航空
  • エバー航空
  • オーストリア航空
  • シンガポール航空
  • スイス インターナショル エアラインズ
  • スカンジナビア航空
  • タイ国際航空
  • ルフトハンザ ドイツ航空
  • デルタ航空
  • アリタリア-イタリア航空
  • エールフランス航空
  • ガルーダ・インドネシア航空
  • KLMオランダ航空
  • 大韓航空
  • チャイナエアライン
  • カンタス航空
  • キャセイパシフィック航空
  • フィンランド航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • Peach
  • エア タヒチ ヌイ
  • エティハド航空
  • エミレーツ航空
  • スターフライヤー
  • フィリピン航空

提携店ではポイント還元率が最大10倍

提携店ではポイント還元率が最大10倍になる点もメリットの1つです。高島屋オンラインストア・じゃらん・特選松阪牛専門店やまとなどさまざまなカテゴリの提携店が存在するため、活用できるチャンスは多いでしょう。

また、期間限定で提携店が追加される場合もあります。

例えば、2021年5月31日まで人形町今半オンラインストアで購入すると還元率が2倍にアップする特典が実施中です。

具体的な提携店はメンバーシップリワーズのページで検索できます。カテゴリ別や特典内容別の検索に加えて都道府県別でも探せるため、足を運べる範囲にある提携店を見つけることも容易です。

ボーナスポイントが充実している

ボーナスポイントが充実している点も見逃せません。アメックスのポイントプログラムは利用金額に応じたポイントが貯まる仕組みですが、それ以外にも獲得できるチャンスがあります。

以下の表は、ボーナスの例をまとめたものです。

ボーナス内容
ご入会ボーナスポイント入会時に3,000ポイントを受け取れる
ファーストトラベル・ボーナスポイント入会後1年以内に対象の会社から航空券・旅行商品を購入すると、初回のみ5,000ポイント受け取れる
ご継続ボーナスポイント毎年の継続時に1,000ポイントを受け取れる

ご入会ボーナスポイントやご継続ボーナスポイントは特別なアクションをすることなく受け取れますし、ファーストトラベル・ボーナスポイントも条件が緩めであるため旅行・出張の機会が多い方なら問題なく獲得できるでしょう。

ポイントの有効期限がない

ポイントの有効期限がないこともアメックススカイトラベラーの利点です。アメックスカードには一度ポイントを商品と交換することで有効期限が無期限になる仕組みがありますが、スカイトラベラーは最初から有効期限がない状態でサービスを受けられます。

期限切れで無駄になることがないのは嬉しいですね!これなら高額商品との交換もコツコツ目指せるかも!

また、カードで決済する機会が不定期な方でも、ポイントプログラムの恩恵を受けやすくなります。

原則、マイルの交換手数料が無料

原則、マイルの交換手数料が無料である点もマイラーにとっては重要なメリットです。デルタ航空やキャセイパシフィック航空などの提携航空会社16社のマイルと、1,000ポイント=1,000マイルのレートで交換できます。

他のカードには手数料が必要であったりレートを上げるために追加の費用を求められたりするものが多いため、無料で交換可能な点は見逃せない利点です。前述したポイントの貯めやすさと合わせて考えると、効率的にマイルを獲得できることは間違いありません。

ただしANAマイレージクラブのみは条件が異なるため、注意してください。詳しくはデメリットの項目で後述します。

アメックススカイトラベラーのデメリット

アメックススカイトラベラーは優れた特徴を持つカードですが、デメリットも存在します。デメリットの内容を正しく把握し、メリットと比較することでカード選びの精度を高められるでしょう。

アメックススカイトラベラーのデメリット

  • ANAマイルの交換には有料コースへの登録が必要
  • 原則、他アメックスカードとのポイント合算は不可
  • JALマイルへの交換は不可
  • 家族カードの発行は有料

アメックススカイトラベラーのデメリットを詳しく見ていきましょう。

ANAマイルの交換には有料コースへの登録が必要

ANAマイルとの交換には有料コースへの登録が必要になります。

他の提携航空会社と異なり、ANAマイルへポイントを移行するにはメンバーシップ・リワード ANAコースに登録しなければなりません。毎年5,500円の手数料がかかるサービスであるため、年会費が安いというメリットをやや損ねる点と言えます。

また、年間参加費は自動更新であり、あまり交換しない場合にはコスパが悪くなることもあるでしょう。参加をキャンセルすることも可能ですが、手続きに手間がかかることは否めません。

これらの点を踏まえて、ANAマイルへの交換をメインにするならANAアメックスカードの発行も検討してみるとよいでしょう。

原則、他アメックスカードとのポイント合算は不可

アメックススカイトラベラーで獲得したポイントは、他のアメックスカードのポイントと合算できません。アメックスのポイントプログラムであるメンバーシップ・リワードには名義人が同じカードのポイントを合算できる仕組みがありますが、対象外になるということです。

アメックススカイトラベラーで貯めたポイントは、1枚の範囲のみで交換する必要があります。通常より貯めやすい仕組みを利用して他のカードでの商品交換を効率的に進められません。

複数のカードのポイントを合算したい場合、他のプロパーカードを発行した方がよいでしょう。

JALマイルへの交換は不可

原則マイルへの交換手数料が無料というメリットがある一方、JALマイルへの移行プログラムは用意されていません。アメックスグリーンやアメックスゴールドなどはJALマイルと交換可能ですが、アメックススカイトラベラーは対象外となります。

そのためJALの特典航空券との交換を目指す方には向いていません。ブリティッシュ・エアウェイズのマイレージサービスを利用することでJALの航空券と交換することは可能ですが、英語での手続きが求められたり予約変更に手数料がかかったりと手間がかかります。

スムーズにJALマイルと交換したいなら、別のカードを検討した方が無難です。

家族カードの発行は有料

家族カードを無料で発行できない点もデメリットです。家族カードを作成したい場合、5,500円の年会費を支払う必要があります。維持コストの安さを重視する場合、年会費がかかる欠点は無視できないものとなるでしょう。

ただし空港ラウンジの無料利用などの旅行に関する特典は本会員と同様に利用できます。また、ポイントに有効期限がない点も同じです(獲得ポイントは本会員のカードに合算されます)。豊富な特典のあるカードを通常の半額で発行できると考えるなら、5,500円という金額も気にならないでしょう。

明確な目的なしに家族カードを発行しておきたいという方にとってはデメリットですが、新規にカードを作りたい家族の方がいるならメリットにもなります。

アメックススカイトラベラーの特典まとめ!ラウンジや付帯保険など

アメックススカイトラベラーにはポイントが貯めやすいのみでなく、旅行系の無料・割引特典を利用できるメリットがあります。自宅から空港までの快適性を上げるものや旅行先でサポートを受けられるものなど、幅広い種類の特典が揃っていることに注目です。

アメックススカイトラベラーの特典

  • 自宅から空港まで利用できる特典
  • 旅行先で利用できる特典
  • 付帯保険

アメックススカイトラベラーの旅行に関する特典を見ていきましょう。

自宅から空港まで利用できる特典

以下の表は、自宅から空港まで利用できる特典をまとめたものです。特典の中には、一部空港でのみ利用できるものもあります。

特典内容
空港ラウンジ国内28空港・海外1空港の空港ラウンジを無料で利用できる(同伴者も1名まで無料)
手荷物無料宅配サービス海外旅行時に空港から自宅までスーツケースを1個無料で宅配してもらえる
大型手荷物宅配優待特典海外旅行時にダンボールや自転車など大型の手荷物を割引価格で宅配してもらえる
空港パーキング旅行中、空港周辺のアクセスしやすい場所に車を預けられる

旅行先で利用できる特典

以下の表は、旅行先で利用できる特典をまとめたものです。海外旅行・国内旅行それぞれで便利な特典を利用できます。

特典内容
海外旅行先での日本語サポート海外旅行先でレストランの予約や医療機関の紹介などのサポートを日本語で24時間受けられる
海外用レンタル携帯電話海外用携帯電話を半額でレンタル・10%引きで通話できる
レンタカーの国内利用指定のレンタカー会社を国内で利用する場合に5%割引される

付帯保険

アメックススカイトラベラーには利用付帯する保険があります。海外旅行の場合は航空券やツアー料金を支払った場合、国内旅行の場合は公共交通期間や宿泊料金などを支払った場合に保険が適用される仕組みです。

付帯する保険は以下の2種類があります。

・旅行損害保険
・航空便遅延費用補償の

旅行損害保険

海外旅行の際に付帯する保険の内容は以下の表のとおりです。

死亡・後遺障害のみでなくケガや病気の治療も補償されるため、現地でのトラブルに備えられます。また賠償責任保険や携行品損害保険も付帯するため、安心感を持って旅行へ出かけられるでしょう。

補償支払限度額
死亡3,000万円
後遺障害3,000万円
傷害治療費用100万円
疾病治療費用100万円
賠償責任3,000万円
携行品損害30万円
救援者費用200万円

国内旅行の際に付帯する保険の内容は以下のようになります。ケガや病気の治療費は補償されませんが、国内なら健康保険が使えるため大きな問題はないでしょう。

補償支払限度額
死亡2,000万円
後遺障害2,000万円

航空便遅延費用補償

海外へ旅行した際に飛行機が遅延したいせいで支払う必要が生じた費用に対する補償がある点も、アメックススカイトラベラーの特徴です。航空便の遅延は個人の努力では防げないものですから、補償がある点は心強いと言えます。

具体的な補償内容は以下の表のとおりです。

補償内容
乗継遅延費用乗継の際に遅延が原因で生じた宿泊代・食事代を最高20,000円まで補償
出航遅延・欠航・搭乗不能費用4時間以上の遅延・欠航・搭乗不能の際、食事代を最高20,000円まで補償
受託手荷物遅延費用手荷物の運搬が遅延した際、衣類や生活必需品の購入費用を最高20,000円まで補償
受託手荷物紛失費用手荷物が紛失した際、衣類や生活必需品の購入費用を最高40,000円まで補償

【まとめ】複数の航空会社を利用するならアメックススカイトラベラーはおすすめ!

複数の航空会社を利用する機会があるなら、アメックススカイトラベラーはおすすめのカードと言えます。27社もの提携航空会社でポイントが3倍貯まりますし、マイル交換も16社が対応しているからです。ポイントには有効期限がないため、飛行機に乗る頻度がまちまちな方でも問題ありません。

ただし、ANAやJALなど特定の航空会社のみを利用する方の場合、カードの性能をフルに活かしにくくなります。ANAマイルの交換には有料コースが必要な点・JALマイルに直接交換できない点なども気になるはずです。

特定の航空会社ばかりを利用しているなら、ANAアメックスカードなど1社のマイレージプログラムに特化したカードを発行した方がお得に使える可能性が高くなるでしょう。

最大13,000円分のポイントがもらえる